神戸のインドエステ『サラージュ(SALA-JYU)』は健康的で太りにくい体質に改善します。ダイエット効果・痩身効果も抜群。普通のエステでは得られない確実な効果と癒しを体感できる人気メニューを揃えています。

アーユルヴェーダとは
What is Ayurveda

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダ

サンスクリット語のアーユス(Ayus/生命)とヴェーダ(Veda/科学)を組み合わせた「生命科学」という意味を持つアーユルヴェーダは、5000年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療。
その医学体系を実践的な健康法にしたものが、現在私たちが取り入れてるアーユルヴェーダ療法です。
ハーブを用いた専用のオイルで行うマッサージや食事療法など、毎日の生活に取り入れながら病気を予防し、美と健康を維持することを目的としています。
アーユルヴェーダでは、「ドーシャ」と呼ばれる3つの要素が私たちの心身の健康に関与していると考え、この3要素「ヴァーダ」「ピッタ」「カパ」のバランスによって一人ひとりの体質を把握します。その体質ごとに使用するオイルや処方が異なるため、まずは自分のドーシャバランスを知ることが大切なのです。

大切な「ドーシャバランス」

大切な「ドーシャバランス」

大切な「ドーシャバランス」

風/空
ヴァータ

空と風の性質、エネルギーを現します。軽・動・速・乾・冷の性質をもちます。体内の動き、運搬、排せつに関する役割をもちます。

火/水
ピッタ

火と水の性質、エネルギーを現します。軽・熱・鋭の性質をもちます。体内の消化、代謝に関する役割をもちます。

土/水
カパ

水と地の性質、エネルギーを現します。重・遅・湿・冷・粘の性質をもちます。体内の結合、同化、免疫に関する役割をもちます。

アーユルヴェーダが
規定している健康とは

  • (1)ドーシャのバランスが取れていてる
  • (2)食欲がある
  • (3)ダーツゥ(新陳代謝)が正常に機能している
  • (4)マラ(=排泄物)のバランスが整っている
  • (5)五感や精神状態が至福に満ちている

それぞれの意味

  • ヴァータ体質

    ヴァータ体質

    性格の特徴
    言動が素早く敏感で快活。好奇心が強く、想像力が豊か。物事に対する理解力は高く、記憶力も優れている。緊張やストレスに対する耐性はあまりない。不安感や恐怖心が強く、心配性。飽きっぽい。
    勧められる食事
    果汁の多いフルーツ、フルーツジュース、しょうが、コショウ、シナモンなど、いずれも適量に用いる。玄米、肉(鶏肉)、魚、卵など。
    控えた方がよい食事
    生野菜、(ナス、トマト、じゃがいも、ピーマン、唐辛子)ドライフルーツ、冷たい食べ物
  • ピッタ体質

    ピッタ体質

    性格の特徴
    情熱的で知的。チャレンジ精神が旺盛でリーダーシップをとるのに適している。正義感が強い。怒りっぽい。物事を理論的に考え、体系的にとらえる。集中力が高い。完璧主義になりがち。
    勧められる食事
    甘味、苦味、渋味のある食べ物。緑黄色野菜など。コリアンダー、カルダモン、ターメリック、サフランなど。肉類は鳥肉など(なるべく控える)。牛乳。
    控えた方がよい食事
    塩分の多い食べ物。酸味、辛味の強い食べ物。肉類、卵。揚げ物。ナッツ類、ゴマ油
  • カパ体質

    カパ体質

    性格の特徴
    物静かで穏やかな性格。忍耐力があり、慈愛に満ちている。物事をコツコツと辛抱強くやり通すことができる言動はゆっくりしている。記憶力が良い。安定している。
    勧められる食事
    温野菜。豆料理、豆腐、豆乳。ショウガ、レッドペッパー、胡椒、コリアンダー、フェヌグリークなど。鳥肉、卵(揚げ物等は控える)
    控えた方がよい食事
    塩分の多い食べ物。肉類、卵。揚げ物。乳製品。脂っこい食べ物。冷凍食品。果物(バナナなど)。

アーユルヴェーダは世界三大伝統医学 のひとつ

アーユルヴェーダ (Ayurveda)とは、約5000年前からインドで伝承されギリシャ医学、中国医学、アーユルヴェーダの3つを称して世界3大伝統療法と呼ばれています。アーユルヴェーダという呼び名は、サンスクリット語で、アーユス(長寿・生命)とヴェーダ(知識)の複合語です。身体の毒素を排泄し、自分本来のバランスを取り戻していくために受け継がれている知識で、現在では世界保険機構(WHO)も推奨しており、予防医学の観点からも大変注目されています。アーユルヴェーダでは心と身体のバランスがとれていることを「健康」と考え、普段からバランスを整える事を基本としています。1人1人の体質、年齢、体力、消化力、生活習慣、場所、季節など、ありとあらゆるものを考慮して、その人に合った治療をするものです。

シャナーズアーユルヴェーダのオイルについて
About Ayurveda Oil

シャナーズアーユルヴェーダのオイルについて

当店が使用しているオイル

ー 当店が使用しているオイル ー

当店で使用するオイルはシャナーズアーユルヴェーダ社のもの。インド政府が公認する「Ayurveda」 の表示が出来る唯一の化粧品メーカーです。シャナーズアーユルヴェーダの製品にはヒマラヤの大自然が育んだエネルギーを宿したハーブや自社農園で大切に育てられたハーブをふんだんに配合して作られています。

シャナーズアーユルヴェーダのオイルについて

アーユルヴェーダでは、皮膚に塗ったハーブオイルは約5分で体の奥まで浸透するといわれ、体内に入ったオイルがアーマ(老廃物)を包み込んできれいに排出させるのです。また、アーマは身体の末端(指先や髪先)から出ると考えられ、そのためマッサージは身体の中心(心臓)から末端へ向けてオイルを浸透させるように行います。

体全体のマッサージが出来ない場合は頭部(顔、耳、頭)や足裏のマッサージでも同様に効果があるとされています。シャナーズアーユルヴェーダのオイルは、ハーブ成分を単に配合するのではなく、オイルにハーブを抽出させるなど、その時間や温度などもアーユルヴェーダで古くから伝わる方法を基に調合されています。またヒマラヤの高地で採取されたハーブや自社農園で育てられた厳選したナチュラルハーブは、季節やその年々の気候によって微妙に変化するため、アーユルヴェーダドクター達の確かな知識と経験で、常に最良のオイルへと生まれ変わります。このように、シャナーズアーユルヴェーダの研究所では、アーユルヴェーダドクター達によって丁寧に時間をかけた貴重なオイルが日々つくられているのです。

使用オイル
Oil used

使用オイル

使用オイル

カルマオイル(ヴァータ・ピッタ・カパ)

アーユルヴェーダで伝統的に使われてきたインドハーブを効果的にブレンドした「肌を引き締め メリハリのある理想のボディへ導く」ためのオイルです。特に腹部と太ももに効果的です。 レモンやラベンダー、松エキス、ミントなどのスッキリした香りが心地よいマッサージタイムを もたらします。使用感もスッキリ。べたつかず、肌にぐんぐん浸透し代謝を高め、身体の内側か らキレイにしてくれます。

  • カパ
  • ピッタ
  • ヴァータ

シャーリーラクサント(ヴァータ)

運動や立ち仕事などで使いすぎた筋肉の疲れを癒し火照りを鎮めます。パンパンになった足の血 行を良くしむくみを解消します。ボディマッサージに使用することで体内に溜まった老廃物を排 出させ、健康な身体へ近づけます。汗をたくさん出したい時にもオススメです。

  • ヴァータ

シャーアンティーセリュライト(カパ)

蓄積した脂肪やセルライトに働きかけるインドエステで使用されるオイルです。マッサージに使 うことで余分な脂肪に働きかけ、バランスの良いボディライン作りに役立ちます。かさつきやタ ルミを防ぎ、ハリのある女性らしい体型へと導きます。ボディマッサージに使用することで体内 に溜まった老廃物を排出させ、血行を促進し冷えやむくみを解消。肌を清潔で健やかにします。 特に下半身のマッサージにおすすめです。

  • カパ

pagetop